妊活中の喫煙は止めましょう。よ

妊活中の喫煙は止めましょう。


よく言われているように、喫煙によって体にマイナスに作用して妊娠に適さない体になりやすいのです。


喫煙の影響は女性だけの問題ではなく男性にも該当します。喫煙の影響による障害としては、女性は排卵障害、男性は精巣機能低下が報告されています。こうしたことを踏まえてみると、妊活をしている場合はご夫妻で禁煙するのがおススメです。

体の冷えは多くの女性が悩んでいるものですが、妊活中の方にとっても体が冷えてしまう事は避けたいものですよね。



なぜかというと、体が冷える事によって血行不良になり、子宮や卵巣といった女性にとって大事な臓器の働きを悪化させるかもしれないのです。冷えの放置は厳禁です。
冷えに悩まれている女性は、靴下を利用する「冷えとり健康法」といった方法などで体を温めるようにしながら、冷えをとるようにするのがおススメです。

布ナプキンというと、洗濯の手間や、漏れの心配などがあり心もとないという人が多いと思います。

そうはいっても、下着と同様に布で作られている布ナプキンは、ムレ、またはかゆみのような不快感が減少しますし、冷えからも守ってくれます。
ですから、生理中のストレスが改善され、体の冷えを防止するという妊活をされている女性には大切な子宮の中の環境を良くするのに効果があります。
女性にとって、妊娠初期にしっかり摂って欲しい栄養素が葉酸です。



この栄養素は、妊娠初期に胎児の脳と神経系が形成される過程で、順調な発育を促す働きをするためです。

何をどれだけ食べれば葉酸が十分に摂れるかわからなくて不安、知っているけど十分な量は摂れないといった問題があるならば、青汁など、葉酸を効率よく摂れる食品の活用を考えてみましょう。赤ちゃんとお母さんの健康を考えて、どうかがんばって葉酸を摂っていってください。もしあなたが妊娠しやすい体になりたいのなら、大変重要なのは質の良い睡眠です。


人間というものは寝不足の状態が続くと、活性酸素が増えてしまい、それが原因で女性であれば卵子、男性では精子が酸化されて劣化することになります。
年齢と共に衰退していく性機能の低下を食い止めるためにも現在、妊活を行っている人は、十分に睡眠をとるようにしましょう。
栄養素の中でも、葉酸は子供の発育のため、妊娠初期から多めに摂っていくことを求められる栄養素です。本当にたくさんのメーカーで葉酸の入ったサプリメントや薬を売っていますが、買うときに大事なのは、葉酸の他に何が入っているか、確かめることです。

特に、妊娠初期は身体が敏感になっているのでできるだけ無添加無香料の身体に優しい製品を探しましょう。妊娠中の女性は、望ましい葉酸の摂取量が妊娠していない人より多くなり、妊娠前のおおよそ2倍の480μgを摂り続ければ母体にも胎児にも良いとされます。


葉酸の重要性は知られていますが、摂りすぎにならないよう気をつけることも必要です。
所要量を大幅に超える葉酸を摂ると、発熱や身体のかゆみと言った症状を引き起こす可能性があるので、毎日たくさん摂るのも考えものです。



最も妊活で重要なのは何かというと、基礎体温をしっかりと測ることです。毎朝、欠かさず基礎体温を測ることにより、身体の状態の把握が可能となり、現在、妊娠しやすいのかそうでないのか、または妊娠の可能性だったり排卵日だったりといった重要なことがわかるのです。それから、基礎体温とは、朝起きてすぐ体温測定を行うことで分かります。なかなか妊娠に繋がらないと、精神的にも肉体的にも落ちてしまいやすいです。

生殖機能というものはストレスによって弱くなってしまいますのでそのまま継続しても負の連鎖となる恐れもあります。

ですので、思い切って妊活を中断することを決めた方がベターな場合もあるでしょう。実際に、妊活の休止中に妊娠に成功したという人も多数います。年齢のタイムリミットを考慮し、医師ともよく話し合って少しだけ休止してみてはどうでしょうか。


一見すると無関係なように感じますが、妊娠と歯の健康との間には重要な関連性があることが分かっています。最近の研究からわかってきたのですが、歯周病は早産や低体重児出産の可能性を引き上げるということが判明しています。
もし、妊娠してしまうと、治療方法も限られてきます。

妊活をしている方で歯医者さんにずっと行っていない場合は今のうちに行って診てもらいましょう。