最近、だいぶ浸透してきた話ですが、妊

最近、だいぶ浸透してきた話ですが、妊娠中にとどまらず、授乳が終わるまで葉酸は大事な栄養素なのです。

赤ちゃんは生まれてくると、盛んに細胞分裂を進めながら急激な発達を遂げます。その過程でたくさんの葉酸が必要になります。
さらに、葉酸は産後の母体回復や授乳にも重要な役割を果たしており母子双方にたくさんの葉酸が必要となってくるため、赤ちゃんが欲しいと思ったときから、赤ちゃんが母乳を飲み終わるまでしっかり葉酸を摂り続けることが、お母さんのつとめです。いろいろな事情で、妊娠してしばらくしてから、そういえば葉酸が十分摂れていないと気づいたとすれば手遅れと言うことはありません。



早急に手を打ってください。
母体内での胎児の発育を促し、無事生まれるようにするには葉酸が常に欠かせません。
それまで摂取していた葉酸が十分な量ではなく、これまでより多くの葉酸を摂る必要を感じたらすぐに動き始めて葉酸の所要量の確保をめざし、対策を考え、手を打たなければなりません。

女性は、妊娠によって生活や精神状態に変化が起こります。そのため無意識のうちにそれがストレスとなって自律神経が普段と違う働きをすることもあるでしょう。
妊娠初期から中期にかけて起こるつわりは、ホルモンバランスが変化することや、身体が毒素を排除しようとすることで起きるというのが一般的な説ですが、自律神経の働きが影響している症状でもあるのです。母体にとっての葉酸は、神経系の働きを調整するために役立っており、副次的につわりの軽減も果たせるのです。
医師の勧めもあって、妊娠がわかるとすぐに、葉酸のサプリメントを飲むようになりました。


お医者さんには、すぐに飲んだ方が良いとせき立てられたのですが、どうなったらサプリメントを止めて良いのかということは一切話がありませんでした。
そのため、1袋飲んだところでサプリメントを飲むのは止めました。最近になって、授乳している間は葉酸を飲んだ方が良いと聞いたため、サプリメントをもう1袋買って、飲み始めました。



葉酸は妊娠初期に多く摂らなければならないというのは理解が進んできましたが、本当のところ、妊娠中期や後期になっても葉酸こそ、子供と母体の両方に大事な栄養素に他なりません。
葉酸を継続して摂れば、胎児の発育が助けられ、母体にとっても貧血や妊娠中毒症を防ぐ働きがあります。

無事に妊娠初期を乗り切った後も、可能であれば出産後、授乳中まで葉酸を意識して摂取するのが一番良いでしょう。



妊活においては、女性が主体的に行うことと考えられがちですが、夫婦ならば、女性のみでなく男性も一緒に妊活を行うものです。


では、男性が出来る妊活の一つ、食事の改善について考えてみます。

男性が妊活のために摂取すべき栄養素と言えば、代表的なものとして、亜鉛や、アミノ酸の一種のアルギニン、ビタミンE、ビタミンB群があります。



こういった栄養素を多く含んでいるものを食生活に取り入れて、妊娠の確率をより上昇させませましょう。
周知の事実だとは思いますが健康でいるということが妊活の必須条件です。

健康の維持には何が大事かというと、栄養バランスを保つことと、適度に体を動かすことです。体重が増えすぎることを防ぐ意図もあるのですが、体の中の血の巡りを良くすることで栄養の行き渡りがスピードアップすることも期待されます。一例として、少し散歩をするぐらいでいいと思います。
葉酸が不足するからと言われ、サプリメントは妊娠初期から欠かすことなく飲んでいました。

なんとか妊娠初期を過ぎて、中期に入ってからカルシウムも摂取しなければと思って今まであまり飲んでいなかった牛乳を、たくさん飲み始めました。


急にたくさん飲んだのがいけなかったのか、牛乳が合わなくなっていて却って体調が悪くなってしまったのです。そして、妊娠後期に入ると、鉄欠乏性貧血ということで鉄剤を飲む羽目になりましたが、だとすれば、始めからカルシウムや鉄分も配合された葉酸サプリを選んだ方が正しかったのかなと思います。妊活と一言で言っても、命の神秘である妊娠というものをどうにか管理しようというものですから、いつか必ず結果が表れるものとは言えません。

ですから、断念してしまうこともあるのですがとてももったいないことだと感じます。

妊娠する確率はアップしているはずですから、そんなに深く考えずに、自分のペースで続けてください。いろいろと辛いことも多いので、妊活をしている間は、心や体が凹みがちです。
もしも結果がずっと出ない場合は、場合によってはうつ病になってしまうこともあります。


ストレスを失くすことが妊娠の成立にとって最も重要でしょう。不妊治療をやめたことでストレスがなくなり自然と妊娠できたという人は少なくありません。妊活が原因でつらい思いをしないように意識的にストレスを解消しながら続けましょう。