妊活中、妊娠中の女性ならばビタミンの中でも、葉酸

妊活中、妊娠中の女性ならばビタミンの中でも、葉酸を多めに摂りましょう。
葉酸は他の栄養素と一緒に摂ることで胎児が順調に育ったり、細胞分裂を進めたりするのを助ける効果があります。その名の通り、葉物野菜やブロッコリー、芽キャベツ、枝豆などにたくさん含まれますが、サプリメントで摂取しても問題はないので野菜が足りていないと思う方やあまり野菜が好きでない方はぜひとも使って欲しいものです。食生活に気を付けたり、適度な運動を心がけたりと、妊活を継続して行っていると、そのうちやる気がなくなってくる人もいるはずです。

そのような時は気持ちの切り替えもかねていわゆる「子宝神社」に参ってみてはどうですか。

一度、自分だけでがんばりすぎず、神様のご利益にあやかろうとしてみるのもプラス思考に転換できるいい機会になると思います。多く摂らなければならないのは妊娠初期と、一般に知られているのが葉酸です。葉酸を摂るためには何を食べれば良いかというと名前通りで、ほうれん草、モロヘイヤなど青菜に多く含まれています。納豆は、加工食品の中でも葉酸が多いとされています。葉酸を摂れる食材としては、海藻類、海苔などもあるので毎日の献立の中に入れていき、意識して食べることをおすすめします。



イチゴは葉酸を豊富に含んだ食材なので、間食に取り入れて欲しいものです。
可能であれば、妊活中の方は薬を飲まないようにしてください。

一般的な胃腸薬や痛み止めなどの薬であれば問題になる事は少ないのですが、安易な服用が問題になるのは持病に対する医者からの処方箋の服用です。
ですが、身体に影響を与える事には変わりませんので、一般の市販薬や処方箋に限らず、医師、または、薬剤師に妊活中であることを伝えたうえで薬の服用の可否を相談するのが安心ですので、参考にしてみてください。



食品の中でも、葉酸を強化したものには特定保健用食品であることをマークで示しています。

このマークは消費者庁の認可を示しており、その食品に関して入念な個別審査をしてから食品が認可されれば、特定保健用食品の名称、そして、マークを使うことを認めています。



食品に特定保健用食品のマークがあれば、特定保健用食品として、一定の基準を満たしていることの明らかな証明がされているため、できれば葉酸の多い食品が良いという場合も選択の目安として知っておくと便利です。



妊娠を望んでいる方は必要な栄養をきちんと摂るように努めた方が良いのですが、細胞分裂が活発に行われる妊娠初期に葉酸が不足すると、先天性障害を持った赤ちゃんが生まれやすくなることもあります。

水溶性ビタミンである葉酸は、尿に溶け出しやすく毎日補充しないと不足してしまうなかなかやっかいな栄養素なのです。
その名の通り、モロヘイヤ、ほうれん草といった葉物野菜、またレバーなどからもたくさん摂取できるため、葉酸の多い食材を、毎日意識して食べましょう。

妊活が長くなってくると、心も体も疲弊していきます。生殖機能はストレスの影響を受けて弱くなりやすく、そのまま続けていると負のスパイラルとなってしまうかもしれません。それ故、思い切って妊活を休止したほうがいい場合もあるのではないでしょうか。実際に、妊活の休止中に妊娠に成功したという人も多数います。ご自身の年齢や、医師と相談の上、いったん休むことも考えてみてはどうでしょうか。妊娠の判定が出た病院ですすめられて、私はサプリで葉酸を摂るようになったのです。病院では、妊娠がわかったらできるだけ早く飲みなさいと強く言われましたが、では、いつまで飲めば良いのかとは最後まで何も言われなかったのです。ですから、1袋が終わったところでサプリメントを飲むのは止めました。けれども、妊娠中期から授乳中も葉酸が必要だという話を聞いて、今もサプリメントで葉酸を摂っています。いわゆる妊活というと女性の活動とイメージされがちですが、本来、夫婦であるならば女性のみならず男性も、ともに行っていくのが妊活です。そこで具体的に、男性ができる妊活、食べた方がいいものが何かみていきましょう。



男性が妊活のために摂取すべき栄養素と言えば、代表的なものとして、亜鉛や、アミノ酸の一種のアルギニン、ビタミンE、ビタミンB群があります。こういった栄養素を多く含んでいるものを食生活に取り入れて、妊娠の確率をより上昇させませましょう。あなたは「妊活」という言葉を知っていますか?これは、言葉のとおり、妊娠をするために行う活動全般のことを指していいます。もちろん、子作りさえすれば、絶対に妊娠するかというとそういう訳ではないので、新しい家族を授かりたいと思っている二人にとってその確率を上昇するためにとられる方法ということです。加えて、授かる赤ちゃんが健康であるための様々な活動も含んでいます。